在籍確認なしカードローン 会社への電話なしでお金借りれるところとは

在籍確認なしカードローン 会社への電話なしでお金借りれるところとは

 

在籍確認は、カードローンの申し込みにおいて、勤め先に電話があるか否かが気になるポイントです。

 

一般的に、カードローン会社が在籍を確認する理由は、申し込み者が提出した書類に不備はないか、そして間違いなく仕事をして収入を得ているかチェックする目的にあります。

 

つまり、在籍を確認する手続きは原則的に必要とされますから、割合的には確認を行わないカードローン会社の方が少数派でしょう。

 

しかし、全く確認が避けられないというわけではなく、カードローンの選び方や申し込み方法によっては、十分に回避できる可能性があります。

 

申し込み者が一番避けたいのは、やはり勤め先に掛かってくる電話で、これさえなければ積極的に契約したい、といった人も少なくないはずです。

 

在籍確認を回避するには、確認の電話を行わないと明言しているか、利用者が実際に電話はなかったという、口コミが寄せられているカードローンを選ぶどちらかの方法が有効です。

 

前者は安心においてより確実ですが、確認を行いませんと明言しているカードローン会社は稀です。

 

仮に明言され契約のハードルが低いとしても、返済条件が厳しく設定されているケースが少なくないので、借りやすく返しにくい別の懸念が生じがちです。

 

一方、後者は前者よりも現実的な選択で、契約日数の目安や借り入れ限度額の確認も同時に行えますから、有力な選択肢として検討に値します。

 

具体的には、WEBサイト経由の申し込みが用意されていて、電話以外の在籍確認も選べるカードローン会社が挙げられます。

 

電話で申し込みを行うカードローン会社は、在籍も電話で確認するケースが多いので、手軽だからと安易に電話申し込みは選ばない方が良いでしょう。

 

反対に、WEB申し込みはWEBで手続きを完了したい、という申し込み者による意思表示でもあるので、この方法を選べるなら選択できる方が魅力的です。

 

申し込みの手続き段階で、在籍の確認を行わない旨や確認方法の選択画面が表示されれば、勤め先に掛かってくる電話を心配せずに申し込みを終えることができます。

 

銀行系が提供しているカードローンは、基本的に勤め先への確認ありの傾向なので、この系列には注意して事前に手続きの流れを確認した方が無難です。

 

同じ銀行系でも、消費者金融タイプは在籍確認なしが謳われていることがあって、安心して申し込める選択肢の一つになっています。

 

絶対に確認の電話がない、あるいは今後も変わらない保証はありませんが、確率的には純粋な銀行系のカードローンよりも有利でしょう。

 

少額から融資を希望することができたり、即日融資が提供されている場合も多いですから、ちょっとした借り入れを思い立った時に役立ちます。

 

在籍の確認を行わないカードローン会社は、それだけで融資のリスクを背負うことを意味するので、融資の限度額や金利の年率には目を瞑る必要があるかもしれません。

 

その点、勤め先や身の回りの人、家族に内緒で借り入れできる確率が高まりますから、総合的には欠点よりも魅力の方が上回ります。

 

在籍確認なしのカードローンは、選択肢自体が限られているので、どのカードローン会社にも求めるのは困難で非現実的です。

 

ただ、選択肢がないわけではありませんから、限られる可能性の中から理想的なカードローンを選ぶことが大切です。

 

借りやすさを謳っているカードローン会社は、申し込み当日の即日審査、少額の即日融資と共に、在籍確認なしで貸し付けを行っている場合があります。

 

もし、勤め先に電話が掛かってくる恐れを懸念しているなら、こうしたタイプのカードローン会社を絞り込み、口コミのチェックで安心して申し込めるか確認しましょう。

 

ただし、手続きの流れや在籍の確認方法が変わっていることもあるので、確認する口コミはなるべく最近のものを選び、内容や条件を詳細にチェックするのが基本となります。

 

電話確認を明言していない消費者金融系のカードローンは、本人確認書類と収入証明書類の二つを提出するだけで、審査が通り契約が認められる可能性が高めです。

 

本人確認書類を用意する場合は、顔写真付きで記入内容に嘘や偽り間違いなどがなく、最新の情報が反映された物が理想的です。

 

収入証明書類も、勿論いうまでもなく新しければ新しい方が有利で、3ヶ月の有効期限にとらわれず、記載情報の鮮度の高い物が求められます。

 

勤め先に電話がないと明言されていても、提出書類が古ければ確認方法が電話に切り替わることはあり得るので、念の為提出する書類は直前に発行してもらった方が良いでしょう。

 

申し込みを行うカードローン会社によっては、加入している組合の保険証や、公共料金の領収証に住民票の写し、それに印鑑証明書の何れかの提出も必要です。

 

手続きや手間は欠かせませんが、逆に考えるならこれらをクリアしてしまえば、在籍の確認電話は不要になる可能性が高まることを意味します。

 

申し込む相手は、口コミで在籍の確認電話なしを確かめる、手続きはWEBからが安全で、提出書類は不備なく新しい物を用意する、

 

これが職場に掛かってくる電話を心配せずに済むカードローンの選び方となります。

 

在籍確認なしカードローン

 

在籍確認はカードローン審査である?

 

カードローン電話なし